寝起きの悪さは、親のせい?

うちの子供は男の子2人で、小学5年生と2年生です。

上の子は、昔から寝起きが悪く、朝はギリギリまで寝ていて、「なんで起こしてくれないの」と起こりながら、家を飛び出していきます。

まず、7時に目覚まし時計が鳴り、何事もなかったかのように、目覚まし時計を止めます。

7時10分に起こしにいきますが、当然起きません。

7時20分にもう一度起こしにいき、無視されるのでほっときます。

そして7時30分ごろ慌てて起きてきますが、ひどいときは怒鳴って起こすまで起きません。

7時45分には、家を出ないといけないので着替えて、顔を洗ってパンをかじりながら出ていきます。

けっして夜更かししているわけでもなく、21時30分~22時には寝ています。

休日は、9時くらいまで寝てますね。

下の子は、以前は平日・休日問わず、6時30分くらいに起きていましたが、最近は2度寝を覚えたらしく、お兄ちゃんと同じ時間にしか起きれなくなってきました。

当たり前ですが、これも私達親の寝起きの悪さを見て過ごしているので当たり前かなと最近思い始めました。

平日は、私は6時50分に起きます。

目覚まし時計は、6時20分にセットしてありますが・・・。

妻は、7時に起きます。

つまり子供達が7時に起きても、朝ご飯は準備できていないのです。

休日なんかは、親2人9時過ぎまで寝ています。

これはまずいですよね。

子供達が起きないのは当たり前です。

今は朝ご飯のいい匂いで子供達が気持ちよく起きられるよう、妻と早起きする習慣を作っています。

http://xn--cct96hbqn0rj0ufbqb101d90ed1x.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です