近頃、重曹でわきがのお手入れができると注目

近頃、重曹でわきがのお手入れができると注目

近頃、重曹でわきがのお手入れができると注目されています。重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、わきがケア料に重曹を加えてわきがケアすれば、汚れた毛穴や角質をお手入れすることができ、わきがの症状を改善させる効果が期待できるというのです。

 

 

ただし、重曹には研磨効果もあるので、わきがケアに使用すると肌にダメージを与える恐れもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。

 

 

にきびの原因として言われるのが、角栓による毛穴の詰まりが、わきがができてしまう理由のひとつです。

 

気になるのでつい角栓を指でつぶして取り出してしまうと、それが原因となってわきが跡ができてしまいます。角栓をつくらないように、また、ひどくさせない為には、しっかりとした保湿を怠らないこと、毛穴に皮脂が詰まらないようにすることが、大事です。
少し前、連続して徹夜をしてわきがでぶつぶつになりました。
私は結構わきがができやすい体質なので、わずかでも肌に負担を掛けるとわきが面になってしまうのです。だからどれだけ時間に追われていても、なるべく早く床についてしっかりと睡眠時間を確保するように努めています。わきがの大敵は睡眠不足だと思います。わきがをあらかじめ予防したり、出来たわきがを治すには、正しい食生活を食べることが大切です。中でもとくに野菜をできるだけ意識して摂取することは非常に大事なことです。

 

野菜にはビタミンやミネラルなどがたっぷりと含まれているから、それらをしっかり意識して食べていくのが一番理想です。私の場合、わきががひどくなってきた場合には、わきがケア石鹸を使用してのピーリングをしています。ピーリングの時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。そこで、何となく怖くなってしまって即止めることにしたのですが、肌が正常に戻ったら、ヒリッとした感覚が消えて、キレイにわきがが改善できました。

 

それ以降、わきがができてしまうとピーリングをしています。

 

わきがの原因はアクネ菌ですので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を2人以上で共有したり、肌に直接触れてそのまま洗わなかった場合などに、わきがの原因であるアクネ菌がうつる可能性があるので注意しましょう。
また、手で自分のわきがを触った後で、顔の他の部分に触れると、その場所にもわきがができてしまう可能性があります。
おでこにわきがが出来たりすると、何としてでも前髪などで隠してしまいたくなります。
しかし、そういったことはわきがを悪化させかねない行為ともなりますので、出来れば前髪で隠す行為はせずに髪がわきがに触れないように刺激を与えずにいることが重要です。わきがを作らないようにする上で大切にしないといけないのは、雑菌の温床にならない環境を用意することです。ファンデーションのパフに汚れが付着したままでいる、枕カバーを不潔にしている、手で肌に触る等の行為は、顔に菌を塗っているのと同じです。

 

 

 

普段から清潔を保てるように気をつけて生活しましょう。

 

 

 

悪化したわきがとなると、芯を持ったように固い状態になって、指で触ると痛いといった症状があります。

 

わきがが出来た場合、ついその箇所を確かめようと触ってみたくなりますが、触ってしまうとまたそこから雑菌が入って長引いてしまうかもしれないので、ケアとしてわきが対策用のクリームを塗るなどして、清潔に保つようにするのが良いようです。私が成人になった時、背中が痒い為みてみると、数えきれない吹き出物ができていたんです。

 

早急に皮膚科に受信しました。診察をして、先生から、「多数の吹き出物をわきがと診断します。原因は食事が偏ったせいなんですが、脂肪を多く摂りすぎているんじゃないですか?」と注意されてしまいました。

 

チョコが一番わきがが出やすいそうです。